同伴はお客さんとより親しくなるチャンスですし、バックもあってキャバ嬢にはメリットばかり。

ですが同伴したいと思っても、なかなか誘えない、誘ってもらえないキャバ嬢は多いです。
そんなキャバ嬢のために同伴テクニックを教えます!

 

同伴時は特別感をだす

同伴は営業前にお客さんと2人きりで会って、食事や買い物などに行くことです。

人気キャバ嬢になると、お店で指名が被るということがよくありますが、同伴すればお店以外で2人っきりで会えて、お客さんは独り占めしている気分を味わえます。

同伴をしている時に何よりも大切なのが「特別感」を出すこと。

「お店だと忙しくてゆっくり話さないから、2人っきりで会えて嬉しい」
「普段は同伴したりしないけど、○○○さんは特別」

こんな風に、お客さんにアピールしてみましょう♪
お客さんはこう言われたら優越感を得ますし、喜んで同伴してくれますよ!

 

同伴するための口実を作る

お客さんを同伴に誘うのは営業だと思われやすいし、結構難しいですよね。
同伴の誘い方に悩んでいるキャバ嬢は多いと思います。

そんな時におすすめなのが、口実を作って誘うことです!
「行きたいレストランがあるんだけど、1人じゃ行きにくいから一緒に行ってほしい」
こういう風に言えば、「じゃあ一緒に行こうか」とOKしてくれるお客さんが多いです!

「この前旅行行った時に、○○○さんにお土産買ってきたから渡したい」と言って誘ってみるのも良いですね☆
お客さんでも「同伴には誘いにくい」と思っている人は結構いるので、こちらから積極的に誘ってみましょう♪

 

キャバクラから近いお店で食事する

同伴をする時は、時間を気をつけなければいけません。
キャバクラから遠いお店は、交通状況によっては遅刻してしまうかもしれないのでNGです!

同伴からお店に出勤するまでスムーズにできるように、近いお店を選びましょう。
もしお客さんが遠いお店を指定してきたら、「遅刻したら怒られちゃうから」と説得してください。

さらに同伴はお客さんと2人っきりで会うので、何かトラブルが起きてしまう可能性もあります。
そんな時にすぐに対応してもらえるように、キャバクラ付近のお店の方が安心ですよ♪

 

気遣いを忘れずに!自分から安いお店を指定する

同伴で食事に行く場合、「せっかくだから高いお店に♪」とお客さんにおねだりするキャバ嬢もいます。

しかし、それではまったくお客さんへの気遣いができていません。
高いお店ばかり選んでいると、お客さんの負担が大きいです。

もし「行きたいお店を選んで良いよ」と言われたら、値段が安いお店を指定しましょう!
「安いお店が良いなんて、庶民的で良い子だな」と思われやすいですよ♡

 

まとめ

同伴をする時に大切なのが「特別感を出すこと」です。
お客さんに「自分は特別なんだ」と、感じてもらうような口実を作って誘うことが効果的ですね♪

「同伴バックが入るから」と自分のことだけを考えるのは良くありません。
自分から安いお店を指定したり、お客さんへの気遣いは忘れないようにしましょう!

 

Similar Posts